ニキビとバリア機能


食生活ニキビは思春期の男女だけがなるものと思われがちですが、実は成人の男女でもなってしまうことがあるものです。原因としてはストレスや乱れた食生活によるホルモンバランスの崩れも大きいですが、この他に肌のバリア機能が低下して乾燥を引き起こすことも原因として挙げられます。ホルモンバランスが崩れると肌がもともと持っているバリア機能が低下していきます。こうなると肌が乾燥してしまいます。また加齢によって肌が乾燥しやすくなりますが、この時に肌のバリア機能が低下しやすくなります。これら両方によって肌の乾燥が加速し、肌が持つバリア機能がどんどん衰えてしまうのです。

肌のバリア機能は外部からの刺激をガードしてくれる、体がもともと持ってる機能です。この機能が何らかの理由で弱まってしまうと肌の潤いが失われていきます。肌が乾燥すると毛穴が収縮し、角栓が詰まりやすくなります。こうなると化膿してニキビができてしまうようになります。成人のニキビの主な原因は肌のバリア機能の低下によるものといえるでしょう。そのためニキビができないようにするためには、ストレス解消や正しい食生活の他に、肌の乾燥を防止するためのスキンケアが必要になります。日々毎日スキンケアを行っていけば徐々に改善が見られます。このサイトでは肌のバリア機能に関する説明、またニキビとの関連について説明を行っています。成人の方でニキビで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。