ニキビ対策


ニキビオイリースキンでも乾燥肌でも、どちらの肌でも適度な潤いがなくなってしまっています。そのため肌のバリア機能が低下しており、毛穴が収縮しやすい状態になっています。毛穴が収縮していると角栓が出られず、化膿してしまうようになります。そのためニキビで悩んでいる方は肌の潤いを取り戻すようなスキンケアを行っていかなければなりません。肌は適度な水分と油分が必要になります。この両方が必要であり、どちらかが不足していると肌の状態が良くなっていきません。そのため水分と油分をコスメによって適度に補っていくことが必要です。

コスメの中で水分を補っていくために使用されるのは化粧水です。化粧水を少しずつ肌に塗布していくことで肌の角質層の奥にまで必要な水分を補給していくことができます。塗布する際には肌に刺激を与えないようにしつつ、水分を与えるようにしてください。肌の上に水分を乗せてなじませる程度で十分です。またしばらくすると水分が浸透されるので肌の表面が乾燥していきます。そうなったら同じ作業を繰り返します。肌がしっとりしたら水分補給ができた合図です。その上にクリームによって薄く油分を補っていくことが大切です。油分は適度な量で構いません。足りなくなったら再度油分を塗布すればいいでしょう。

バリア機能とは


ニキビが起こると化膿したりしますし、毛穴が広がってしまい、見た目で悩みを抱えてしまうことがあります。肌にはバリア機能というものが本来備わっているものですが、このバリア機能とニキビは実は関係があるのです。人間の体は紫外線などの外部からの刺激を受けやすいのですが、肌はバリア機能を持っており、これによって外部からの刺激を受けないようにガードしてくれているのです。しかし何らかの理由でバリア機能が低下してしまうとニキビが起こりやすくなります。

鏡肌のバリア機能が正常になっている状態では肌は乾燥することや、逆にオイリースキンになっていることはありません。適度な潤いを持っているため、しっとりとしており、しわっぽくもなっていません。しかしアトピーやホルモンバランスが崩れた状態になるとバリア機能が弱まってしまい、乾燥するようになります。それによって毛穴が収縮し、角栓が留まって化膿するようになります。これがニキビが起こる原因なのです。ニキビはオイリースキンが原因と思われがちですが、主な原因は肌の乾燥によって毛穴が収縮することなのです。そのため乾燥を防止していくようなケアを行ってニキビができないようにすることが大切になります。

【関連サイト】https://hadajuntou-clear.com/
バリア機能をサポートするニキビ予防のスキンケア商品《みんなの肌潤糖》です。

ニキビとバリア機能


食生活ニキビは思春期の男女だけがなるものと思われがちですが、実は成人の男女でもなってしまうことがあるものです。原因としてはストレスや乱れた食生活によるホルモンバランスの崩れも大きいですが、この他に肌のバリア機能が低下して乾燥を引き起こすことも原因として挙げられます。ホルモンバランスが崩れると肌がもともと持っているバリア機能が低下していきます。こうなると肌が乾燥してしまいます。また加齢によって肌が乾燥しやすくなりますが、この時に肌のバリア機能が低下しやすくなります。これら両方によって肌の乾燥が加速し、肌が持つバリア機能がどんどん衰えてしまうのです。

肌のバリア機能は外部からの刺激をガードしてくれる、体がもともと持ってる機能です。この機能が何らかの理由で弱まってしまうと肌の潤いが失われていきます。肌が乾燥すると毛穴が収縮し、角栓が詰まりやすくなります。こうなると化膿してニキビができてしまうようになります。成人のニキビの主な原因は肌のバリア機能の低下によるものといえるでしょう。そのためニキビができないようにするためには、ストレス解消や正しい食生活の他に、肌の乾燥を防止するためのスキンケアが必要になります。日々毎日スキンケアを行っていけば徐々に改善が見られます。このサイトでは肌のバリア機能に関する説明、またニキビとの関連について説明を行っています。成人の方でニキビで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

カレンダー

2018年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿